コーポレート・ガバナンス

コーポレート・ガバナンスに対する基本的な考え方

当社は、株主、顧客、従業員等のステークホルダーの信頼に応えるとともに、健全で透明性が高く効率的な経営による企業価値の最大化を図っております。これら経営に対して、独立した社外取締役の選任と監査役会との連携による監督機能の強化を図り、その手段として内部統制システムを運営することにより、コーポレート・ガバナンス体制を構築しております。

コーポレート・ガバナンス指数(CGQ)について

CGQとは、ISS社が2002年から公表しているコーポレート・ガバナンスに関する相対評価で、 ガバナンスの分野で最も広く利用されている指数です。 世界7,500社以上がCGQの対象であり、多くの機関投資家がCGQを用いて、投資の意思決定を行っております。

  • ISS社およびCGQの詳細についてはISS社のホームページをご覧ください。
  • 2008年10月28日時点のアコーディア・ゴルフのコーポレート・ガバナンスは、米国を除くISS ユニバースに組み入れられている日本企業の中で、上位0.2%に位置していると評価されています。
関連ページ
コーポレート・ガバナンスに関する報告書
株主総会