沿革

1981年

1981年09月
株式会社アコーディア・ゴルフの前身を設立

2002年

2002年02月
事業目的をゴルフ場運営に変更
2002年12月
ゴルフ場の運営受託事業を開始

2003年

2003年05月
株式会社アコーディア・ゴルフに商号を変更
2003年07月
ポイントプログラム「ACCODIA GOLFポイントカード」発行

2005年

2005年03月
ゴルフ場10社(※1)を子会社化
2005年08月
ゴルフ場8社(※2)を子会社化
2005年10月
スポーツ振興㈱を存続会社とし、連結子会社(※3)を合併
2005年12月
(有)エーシーアンドエッチアールエスを子会社化。ゴルフ場3社(※4)を子会社化

2006年

2006年01月
連結子会社である日東興業㈱を存続会社とし、連結子会社(※5)を合併
2006年04月
連結子会社である㈱ゴルフ・アライアンスを新設
2006年06月
連結子会社である金沢セントラル㈱を新設
2006年11月
東京証券取引所市場第一部上場

2007年

2007年02月
㈱ケーヨーゴルフセンター(現、㈱アコーディア・ガーデン)を子会社化
2007年03月
ゴルフ場保有数が100コースを超える

2008年

2008年01月
連結子会社であるスポーツ振興㈱が7社(※6)を孫会社化
2008年04月
㈱ハーツリーレストランシステム(現、㈱ハーツリー)を子会社化
2008年10月
グループ初のゴルフ練習場の開発「アコーディア・ガーデン瀬戸(愛知県瀬戸市)」開業

2009年

2009年03月
日東興業㈱、㈱アコーディア AH23、スポーツ振興㈱をそれぞれの存続会社とし、子会社13社を合併
2009年03月
年間ゴルフ場延べ入場者数(ラウンド数)710万人を記録
2009年10月
㈱アコーディア AH11(旧商号 日東興業㈱)を存続会社とし、㈱アコーディア AH23を合併
2009年10月
㈱アコーディア AH12(旧商号 ㈱琉球リゾート)を存続会社とし、スポーツ振興㈱および㈱パームヒルズリゾートを合併

2010年

2010年04月
ゴルフ場保有数が130コースを超える

2011年

2011年08月
首都圏初のゴルフ練習場の開発「アコーディア・ガーデン千葉北(千葉県千葉市)」開業

2014年

2014年08月
ゴルフ場90コースのアセットライト(事業の証券化)を行い、ビジネス・トラストを組成・ユニット上場

2017年

2017年03月
株式会社MBKP Resortによる完全子会社化に伴い東京証券取引所市場第一部において上場廃止
  • ※1. スポーツ振興株式会社、株式会社石岡カントリー倶楽部、株式会社彩の森カントリークラブ、株式会社白鷺ゴルフクラブ、株式会社土浦カントリークラブ、日本グリーンホールディングス有限会社、株式会社オーク・ホールディングス、株式会社西茨城興産、エスイー開発株式会社(現社名 株式会社NGCマネジメント)及び株式会社ゴルフプロスタッフ
  • ※2. 株式会社オークメドウ、東和ランド株式会社、株式会社オーク・ヒルズ、株式会社グレンオークス、西野商事株式会社、株式会社愛鷹カントリー倶楽部、第一興業株式会社及び株式会社愛宕原ゴルフ場
  • ※3. 株式会社オーク・ホールディングス、日本グリーンホールディングス有限会社、株式会社石岡カントリー倶楽部、株式会社彩の森カントリークラブ及び株式会社西茨城興産
  • ※4. 日東興業株式会社、東海開発株式会社及び株式会社フェニックス・カントリー・クラブ
  • ※5. 西野商事株式会社、株式会社愛鷹カントリー倶楽部、第一興業株式会社、株式会社愛宕原ゴルフ場、株式会社オークメドウ、東和ランド株式会社、株式会社オーク・ヒルズ及び株式会社グレンオークス
  • ※6. 株式会社琉球リゾート、株式会社パームヒルズゴルフリゾート、株式会社本郷カントリー、株式会社サンランド、株式会社十里木、株式会社石川ゴルフ倶楽部及び栗駒開発株式会社を子会社化