ディスクロージャーポリシー

1. ディスクロージャー(情報開示)に対する基本的な考え方

当社は、会社法、金融商品取引法等関係諸法令及び東京証券取引所の定める適時開示規則(以下「適時開示規則」)に沿ってディスクロージャーを行っています。

適時開示規則では、第2条、第3条、第4条により、投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合、東京証券取引所から照会があった場合、既に開示した重要な会社情報の内容について重大な変更、中止等が行われた場合に適時開示を求めております。 また、当社では、会社説明会での発表内容など適時開示規則に該当しない情報についても、投資家のみなさまからの需要に応えるべくできるだけ積極的かつ公平に開示する方針を持っております。

2. 情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、同取引所の提供する適時開示情報開示システム(TDnet)にて公開しています。 TDnetにて公開した情報は、当社ホームページ(企業情報サイト)に速やかに掲載することとしています。

なお、ツールやシステムの準備の都合上、これら情報の本ホームページへの掲載が、TDnetにおける公開時期より大きく遅れることもあります。また、会社法、金融商品取引法等関係諸法令および適時開示規則に該当しない情報を開示するに当たっても、適時開示の趣旨を踏まえて適切な方法によりできるだけ正確かつ公平に当該情報が投資家のみなさまに伝達されるよう配慮を行っております。

3. 将来の見通しに関して

当社では、東京証券取引所に提出する収益予想に加えて、投資家や証券アナリストのみなさまが、当社の業績に関する予想を立てられるよう、見通しに関するガイダンスを提供する場合があります。

また、当社の発行するIRツールなどの書類、決算説明会など動画、その他ホームページ記載内容などには、現在の計画、見通しや戦略などが含まれる場合があります。

いづれの場合におきましても、歴史的事実でないものは、一定の前提の下に作成した将来の見通しであり、また現在入手可能な情報から得られた当社経営者の判断にもとづいております。

従いまして、当社の業績、企業価値等を検討されるに当たりましては、これら見通しのみに全面的に依拠されることは控えて頂けるようお願い致します。

実際の業績は、さまざまな要素により、これら見通しとは大きく異なる結果となりうることをご承知おき下さい。 なお、事業に対するリスクにつきましては、有価証券報告書に記載しております内容をご覧ください。

4. 本ホームページの位置付け

本ホームページは、当社株式に対する投資判断の参考となる情報提供を目的とするものであり、当社株式の購入や売却を勧誘するものではありません。投資に関する最終決定は利用者ご自身のご判断において行われるようお願いいたします。また、掲載された意見や予測等は資料作成時点の当社の判断に基づくものです。

当ウェブサイトの内容や仕様は予告なく変更、掲載を中止することがあります。当ウェブサイトに情報を掲載する際には細心の注意を払っておりますが、掲載された情報の誤りやデータのダウンロード等によって生じた障害等に関しまして、当社は一切責任を負うものではありませんのでご了承ください。

5. 沈黙期間について

決算情報の漏洩などによるインサイダー取引を抑止するため、また、投資家のみなさまの投資情報に対する公平性を確保するため、各決算期日(四半期決算含む)の翌日から各決算発表日までを沈黙期間として設定しております。沈黙期間中は、決算情報に関する質問への回答などを一切差し控えることとしております。ただし、業績修正の必要性が生じた時点では、東京証券取引所を通じて、遅滞なく適時情報開示を行います。

なお、沈黙期間中であっても、企業紹介や事業戦略の補足説明など、過去に公表されている情報に関するご質問については対応させていただきます。